リノベーション@大阪;プロパティマネージメント会社の実践する経営視点のリノベーション

1、リフォームとリノベーション

リフォームとリノベーションの違いを一言で説明すると、リフォームとは「部屋の内装や設備等を新しくする(元通りにする)為の工事」であり、リノベーションとは「入居者ニーズに即した付加価値を創出するための工事」で、そこには「物件の持つ特性を最大限に 活かし、競合物件との差別化を図ることにより長期間に渡って高い競争力を維持する物件へとバリューアップすること」が前提となっています。




2、プロパティマネージメント会社によるリノベーション

多様化する顧客ニーズに長期間耐えうるリノベーションプランの作成・実行には、”入居者に接している現場の声”や”客付けを行ってくれる近隣の仲介業者の声”の双方に触れる機会の多い、プロパティマネージメントの経験や 空室対策ノウハウが必要不可欠であると当社は考えます。

3、当社のリノベーション

収益を向上させるために実施する賃貸物件のリノベーションと、自分で居住するために実施するリノベーションでは必然的に投資可能な金額は異なります。環境や至便性により賃料の上限に限界がある賃貸物件の場合、投資コストを 抑えたリノベーションでなければ採算が合わなくなる可能性もあります。当社ではこういった市場の調査・分析を踏まえ多様化する消費者ニーズを踏まえた上で、テナント誘致力が強くかつ収益性の高い、供給者側で創り込みすぎないプランをご提案いたします。